無理なくダイエット法|ゼニカル

辛いダイエットなんて流行りません。ゼニカルで楽々ダイエット!

無理なくダイエット法|ゼニカル

オルリスタットの働き

肥満は世界中で大きな社会問題となっています。
肥満になると各種生活習慣病を引き起こす原因となることから、積極的な治療が必要となります。
肥満の基本的な治療方法は食事療法と運動療法ということになりますが、実際にこれらの療法を合わせて行っても、思うように減量ができない人も多くいます。
そこで最近は抗肥満薬を使った治療が行われるようになってきています。
現在、日本で商品されている抗肥満薬はマジンドールのみです。
これは中枢神経に直接作用する薬で、食欲を減退させて肥満を解消するものです。
しかし、中枢神経に作用するということは一種の麻薬のようなものであり、長期間使用すると依存性が強くなって薬が止められなくなってしまうというリスクがあります。
抗肥満薬にはもう一つ種類があります。
それがリパーゼ抑制剤と言われるものです。
ゼニカルはこちらに分類される抗肥満薬ということになります。
ゼニカルの有効成分はオルリスタットという物質です。
これは白い結晶粉末で非水溶性の物質ですが、クロロホルムやメタノールといった溶液には非常に溶けやすい性質を持っています。
オルリスタットにはリパーゼの働きを阻害する働きがあります。
リパーゼは膵臓から分泌される消化酵素の一つで、私たちが食事で摂取した脂肪分と結合することで脂肪をトリグリセリドと呼ばれる小さな状態に分解し、身体の中に吸収されやすいようにします。
吸収されたトリグリセリドは人が活動するためのエネルギーとして使われますが、過剰に摂取した脂肪は使い切れずに皮下脂肪や内臓脂肪として蓄えられます。
これが肥満のメカニズムです。
しかし、ゼニカルを服用するとリパーゼの中に含まれる活性セリンと結合し、リパーゼが脂肪を分解するのを邪魔します。
通常、リパーゼは脂肪を分解できなくなってしまいますから、脂肪はトリグリセリドとなることができず、腸から体内に吸収されにくくなってしまいます。
そして、未吸収のトリグリセリドは便となってそのまま体外に排泄されます。
オルリスタットを服用することで食事の約30%の脂肪分がカットできます。
ゼニカルは未承認薬のため、日本では購入することができません。
ただし、海外では既に承認を受けている国も多いので、そういった国から個人輸入を利用して購入することはできます。
一部の美容整形クリニックでも少補選を出してもらうことができますが、未承認薬ということで購入の際に保険が適用されず、どうしても高額になってしまいます。
安くゼニカルを手に入れたいならば個人輸入をするのがお得な方法です。